BLOG

お絵かきの想像力、脳育〜子どもの豊かな心と対話する〜

2017.03.17


最近4歳の娘が描く絵を見て、「この子の心、健康でとても調子いいな!」と感じることが続いています。編み物の編み地を見て、編み手の置かれている心境が手に取るように分かるように、娘が描く絵を見ていると、その絵を描いている時の娘の心の状態が見えてきます。描いた絵を通じて娘と会話をすることが楽しく、どうしてその絵を描いたのか掘り下げて尋ねると、普段会話に上がらない娘の心象風景や気持ち、情緒を知るきっかけになります。

最近描いた絵で、私が気に入っているいくつかの絵をご紹介します。
上の絵は、「大好きな迷路」。普段楽しんでいる迷路を自分なりに表現。色の使い方、クレヨン、マーカーの使い分けが私のお気に入りです。(描写時3歳半)

下の絵は、「河川敷でライオンの凧をあげている絵」。幼稚園で行ったお正月遊びで河川敷で凧揚げをしたことがとても印象に残っているようです。ライオンの凧ではなかったと思いますが、娘はライオンが好きなので、おそらくライオンの凧を描いたのでしょう。緑の色鉛筆が河川敷の草木を良く表現しています。(描写時4歳1ヶ月)

次の絵は、「ハワイの空、ヨット、海、お魚の絵」。ハワイに行ったことのある小学生のお姉ちゃんとハワイについて話をしている時に描いた絵です。3歳半で行ったハワイ旅行は娘にとってとても印象深く残っているようです。全てブルーで構成されている絵ですが、空、ヨット、海、お魚とブルーの中でも色を使い分けて描いています。また立体的な構図を上手に捉えています。(描写時4歳1ヶ月)

最後の絵は、「ひまわりを見ている私」。これは夢で見たことを再現したとのこと。まだひまわりが咲く時期ではないですが、図鑑で見たひまわりの印象がそのまま夢に出てきたようです。これは幼稚園の自由遊びの時間に描いています。人や動物の絵が多く、花の絵をあまり描かないので、驚きました。(描写時4歳1ヶ月)

このように、子どもが描いている絵を見ていると、様々な子どもの想像力に触れることが出来ます。「お絵かき」とは、言葉が未熟な幼児にとって、自身の心をアウトプット、表現できる手段で、描いた絵を通じて子どもが感じているいろんな思い=心の中を知るきっかけになります。まさに、「お絵かき」とは、子どもの心が聞こえてくる、子どもの豊かな心と対話できるとても素晴らしいツールだと感じています。

こんなふうに感じていた矢先、子どものお絵かきについて更に見識を深める素晴らしい本に出会いました。美術研究の大家、皆本二三江著「『お絵かき』の想像力」(2017年2月発刊)です。この本は、子どものお絵かきを通じて絵の不思議と子どもとの関わり方、子どもの持つ可能性を探っています。

この本の中で、私自身が興味を持ったことを少しご紹介したいと思います。

まず、2〜3歳の子どもって人を描く時に、頭から手や足の出る「頭足人」を描くんですよね。これってとても可愛い絵なんですけど、よく見るととても不思議な絵なんです。娘もずっとこの絵を描いてきて、4歳になり、ようやく身体を描くようになりました。それでも手は顔から出ていたり、顔と胴体のバランスは圧倒的に顔が優位な絵を描いています。これは、著者曰く、頭足人とは非常に古い時代の人類の祖先の姿であって、祖先から受け継いできたイメージを描いていると言っています。世界中の子どもが同じ順序で同じような形の頭足人を描くようです。

●3歳前半に描いた自分の顔

●4歳1ヶ月の時に描いた自分の顔

また、子どもって何かを見てそれを似たようなカタチとして描こう、とお絵かきをするのではなく、何も見ないで心の中にあるイメージを持ちながらそれを表現していることが多いと思います。私達大人が何か絵を描く時は、何かを見ながら似せて描こうとしますよね。だから絵が上手とか下手とかいう話になりやすいですが、子どものように心の中のイメージを表現しているのであれば、どんな絵でも上手に表現できたね、というスタンスで捉えることができます。このことに関しても、著者は、子どもは何かを見て描くのではなく、内部に持つイメージを描く、内部に持つ天性の能力の発露だと言っています。

その他に、本の中では男の子の絵と女の子の絵の違いについて記載しています。幼児の自由画における男女の表現傾向は、モチーフ、構図、色彩、配色等様々な分野で異なります。私自身娘と息子の育児生活の中で、改めて男女が生得的に持つ興味の違いについてはっとさせられることが多く、この絵の違いに関しては、これから息子のお絵かきが始まる中で、興味深く見て行きたい分野になっています。

また本の中には、幼児には絶対色感があるという話も出ております。大人になるに連れて退化していくと。まさに幼児期の子どもの脳は特別脳であることを実感します。

最後に、脳科学の観点からお絵かきや塗り絵を見てみると、実は脳の全体を使う、脳育に大変効果があります。
まず、手を動かして作業をすることは、前頭葉の運動野を刺激、下絵を塗ったり、どんな絵を描こうか等プランを立てるのは、前頭葉の中の前頭連合野を刺激しています。
絵の全体のバランスを把握することは、頭頂葉が司る機能で、絵を見定めたり、どの色を使おうか等の色彩に関しては、後頭葉を使っています。描いている絵の形や色に関する記憶を参照することは側頭葉を刺激しています。このようにお絵かきや塗り絵は脳全体を使う、とても素晴らしい遊びとなっています。

過去に娘が表現した絵に関するBlogを書いております。もしよかったら合わせてご参照頂けると幸いです。
・2歳児が描くパパとママのイメージ
http://www.knitgrace.com/2016/01/30/1877/

・2歳児 ブルーにまつわるエピソード
http://www.knitgrace.com/2015/10/22/1414/

・アーツ千代田 夏のこども芸術大学
http://www.knitgrace.com/2015/08/14/1165/

・クリエイティブマインドを育てたい〜絵の具お絵かき編〜
http://www.knitgrace.com/2015/07/11/970/

育児中の自分の高め方〜六本木ヒルズ森美術館でアート鑑賞

2017.03.13


平日娘が幼稚園登園後、「N・S・ハルシャ展〜チャーミングな旅」「Media Ambition Tokyo」を観に六本木ヒルズへ。オーディオガイドを借りながら、息子と静かにアート鑑賞。

インド現代美術のなかで最も洗練されたアーティストの1人で、南インドの古都マイスールを拠点に国際的に活躍するアーティストの作品からは、インドカルチャーを強く体感!優しくチャーミングな色使いの作品は受け手の印象を和らげ、またアーティストの心の根底に潜む強さが前面に出る作品からは、インドの国柄や歴史を感じることができました。とにかく人がたくさん描かれている作品が多く、国家における人口の多さと多民族、多言語、多宗教の国であること、また人の手がもたらすパワーを感じました。193台のミシンが並ぶギャラリーでは、壮大な生産工場を彷彿とさせ、国際連合加盟国の旗が並んでおりました。
インドに所縁のある方、ぜひオーディオガイドを聴きながら作品を見られるとより一層深く作品鑑賞を楽しむことができると思います。
日常の生活でインドカルチャーに触れる機会はなかなかないので、アートを通じて体感できた貴重で有意義な時間となりました。

今は育児がメインの生活で、ニットサロンを開いたり、編み物に触れる時間を作ることができませんが、こんな時だからこそできる自分の高め方を意識して生活をしています。アートに触れる時間は、たくさんのインスピレーションやアイデアが浮かぶ源泉のような豊かな時間です。

「N・S・ハルシャ展〜チャーミングな旅」

「Media Ambition Tokyo」

3-4歳 アクアビーズで脳育〜指先の動きは脳の前頭葉を刺激、感情コントロールが上手な穏やかな子に〜

2017.03.08


昨年12月のクリスマス、娘が3歳の時にサンタクロースからの贈り物でもらったアクアビーズ。直径約3mm程度のビーズを、下絵を見ながら型にはめて絵柄を完成して遊ぶビーズ遊びです。このビーズ遊びは、指先に意識を向け高い集中力を要しながら完成させる遊びで、脳にとても良い刺激を与えます。特にこの指先の動きというのは、脳の中でも感情のコントロール、人格形成を司る前頭葉に刺激を与えるため、鍛えてあげると、感情コントロールが上手な穏やかなお子様に育ちます。

3歳の娘は、最初は緊張しながら1ビーズ1ビーズ高い集中力を持って作品を完成させて行きました。1つの作品を作るのに、親と作業をシェアしてやっていく段階を経て、自身で全て作る段階にまで達しました。次第に数十個も作ってくると慣れてきて、しばらく遊ぶのを辞めていたのですが、ビーズの色数が減ってきたことをきっかけに、一言声を掛けてみました。「下絵に沿ってビーズを置くんじゃなくて、好きなように置いてみたら?」。

この一言を受けて、娘は「やってみるぞ!」と前向きに捉え、楽しそうに好きなようにビーズを置き始めました。仕上がった作品はオリジナリティがあってとっても素敵!たくさん誉めてあげました。本人もビーズの色を好きなように置きながら作って行く方が楽しかったようで、そこから毎日幼稚園降園後の日課になりました。作った作品に関しては、毎回丁寧に理由を掘り下げて聞き、制作に対する本人の意思やアイデアを確認しています。そうすることで、アイデアを何倍にも広げる会話を日々の取り組みの中でできるからです。自由な発想が自分なりに出来るようになったその心の開放感を引き出し、作り上げた時の笑顔。家庭で取り組める小さな成長を大切に育んでいます。

そして更に見ていて気がついたのは、アクアビーズ遊びが終わった後は、前頭葉に刺激が送られた後なので、作り上げた達成感とともに、心の状態がとても落ち着いていることが分かりました。

元々アクアビーズで娘が遊び始めた際に、下絵に全て従わずに好きなようにビーズを置いてオリジナリティ溢れる作品を作り出す、そんなふうに1つの遊びで広がりを持たせながら遊んでもらいたいという思いがありました。何回か声を掛けていたのですが、なかなか自由に好きなように置くという段階には踏み込むことができなかったようで、下絵に習って作り続けていました。私自身もその子のペースを大事にしたかったので、様子を見ながらどんなふうに遊びが深まっていくかを見守っておりました。ビーズが減ってきたのをきっかけに約2ヶ月半で第2ステージへ!これからオリジナリティ溢れる作品作りがどこまで続くのか、とても楽しみです。

また、このアクアビーズ遊びは、数の概念遊びを入れたり、色遊びを入れたりしながら遊ぶことも出来ます。下絵に習ってビーズを置く段階では、「水色が5個、次はピンクが3個・・・」等と言って、数を数えながら進めて行きます。1つの絵に瞬間的にどの色がいくつあるのか、というのを見分ける力=視覚機能も鍛えることができます。この視覚機能や色に関しては後頭葉に刺激を与えています。自由にビーズを置き始める段階では、どの色をどこに配置するとどんな風な作品として仕上がるのか、という全体をデザインする力を磨くこともでき、想像力を高めることも出来ます。

指先を使いながら、作品としての全体をイメージしつつ、細かいパーツを1つ1つ仕上げて行く行為は、編み物の作品作りの過程ととても良く似ています。4−5歳の子供達にどのように編み物の世界に入ってきてもらいたいかを考える上で、今の娘との遊びはとても貴重な研究時間となっています。

4歳年少 幼稚園作品展〜子供達の話し合い、遊びから生まれた『冒険の世界』〜

2017.03.02


娘の通う幼稚園で、先週末年に1度の作品展が開かれました。この作品展、全て子供達の話し合い、遊びから連想して作られているんです。1ヶ月半、園での遊びを通じてイメージを醸成し、それに基づいて制作活動を行い、完成、仕上げまで。子供達と先生の話し合いをベースに、親も少しながら子供達の思いを具現化するために力を貸し、最終的に作品展として仕上がりました。娘の毎日の様子を見守りながら、子供達、先生方の本気度を見させてもらったそんな心を打つ感動した作品展となりました。
子供の主体性、社会性、協調性、想像力、巧緻性、創造性を日々の生活の中で実体験として養うことが出来たとても素晴らしい活動だと感じましたので、ご紹介させて頂きます。そして1ヶ月半に渡って子供達のイメージを醸成させ形にする継続力、これは編み物にも通じる継続と粘り強さを感じました!

「遊ぶ 考える」
1月3学期の始まりは、お正月遊びからスタート。年長、年中、年少の3学年が縦割りでグループを組み、共に活動をします。お正月のすごろく遊びから子供達の話が広がり、「冒険すごろく」をヒントに冒険の世界を作ることになりました。

「イメージを深める」
冒険の世界を冒険すごろくや絵本の世界、表現遊び、映画を見たりしながら楽しむ中で、ジャングルや海の中の冒険というテーマが浮き上がってきました。

「想像する、廃材を使って冒険の世界のものを作る」
・テーマに沿って、ジャングルにあるもの、海の中を冒険した時に出会うもの等を、廃材を使って制作。ペットボトルや空き箱等の廃材を目に、作りたいものに見立てながら友達と寄り添いながら制作。使う道具もハサミ、セロテープ、ガムテープ、マーカー、クレヨン等多岐に渡る道具を使い分けながら使い方の用途を学んでいるようでした。

・年長児の話し合いで1つの冒険の世界に必要なものを決め、大型作品作りのための設計図を描く。これは翌日父親保育参加の時間に年長児が説明をして、親が協力して子供達の世界観を具現化させるお手伝いをします。「火山」「滝」「洞窟」「大鷲」「潜水艦」の5つに決定。1つの大型作品の設計図を数名の子供達で受け持ち、大きさや仕組み等もきちんと説明します。

・2日間親の保育参加を通じて、一緒に冒険の世界の作品作りをしました。廃材だけでなく、布や木という新たな素材も加え、アイデアや作品の広がり、子供だけでは実現することができなかった難しいことも表現できる楽しさを実感しているようでした。私の娘は木工で海の中のものを作りたい!といって、カニの家族を作りました。ノコギリにチャレンジしてみたかったようで、最初の1枚を一緒に切った後は、自分でしっかり取り組んでいました。(2学期も同じようにノコギリを使いましたが、この時はすぐに断念。今回は取り組む姿勢に着実な成長が見られました。)

「仕上げ、完成させる」
2日間の親の参加保育では、大型作品は段ボールで形を作ることまでしかできません。ここからの1週間で子供達と先生で仕上げを進めて行きます。段ボールに絵の具で色を塗る、その前に絵の具をはじいてしまうところには、紙を糊で貼る。園児全員一丸となって作品展に向けて作品を仕上げて行く。毎日絵の具で色塗りをしていたようで、髪や手は落ちない絵の具だらけ。絵の具が大好きな娘にとっては、お友達と話し合いながらみんなで協力して色を塗るというのはとっても楽しい時間だったようで、園の帰りに今日幼稚園でやったことを聞くと「忘れちゃった」との一言。表情から説明できないくらいの体験をしているのを感じました。

最後は園児達が作った全ての作品を先生方が展示します。お力のある先生方ばかりで、世界観をとても上手に作り上げていらっしゃいました。子供達も自分達が目指していた「冒険の世界」が具現化し、目を輝かせながら大型作品で楽しんだり、自分達の作った作品を探しておりました。

この娘の幼稚園の作品展に向けての活動は、これまで子供達が経験し学んできたことの集大成を表現できる活動だと感じ、この一連の活動が、私自身が大事にしているニッティングスタイルと大変似ていると感じました。編み物を楽しむ中で一番必要とされることは、想像力と創造力、また粘り強さ、継続力です。作品を作り上げるまでに長く向き合う姿勢がないと、なかなか編み物で作品を作ることはできません。小さな子供達がこれだけの期間、遊びを通じてイメージを膨らませ、徐々に素材や道具、アイデアを深めながら迎える作品展の活動は、私自身が子供達へ編み物を教えるに当り、大変学ぶものがある活動でした。

《海の世界の冒険 潜水艦》

《ジャングルの冒険 滝 火山 洞窟 大鷲》

PAGETOP